中学受験へ向けて

小学6年生という年齢でありながらおこなう中学受験について、保護者である親御さんは一体どう接していくべきなのでしょうか。
子供のことを考えてさまざまな方法を考えるのでしょうが、中学受験をおこなうということをストレスと思わせてはいけません。

普段の学校のほかに、塾に通わせたり家庭教師を頼んだりということもあるでしょう。
しかし、ただでさえ遊びたい年頃の子供を、一日中勉強漬けにさせるのもあまり良くないと考える親御さんも少なからずいらっしゃいます。

学校で出された宿題と、塾で出された課題を子供たちは必死にこなそうとします。
志望校合格へむけて頑張る子もいると思いますが、やらないと怒られる、これができないと勉強で置いていかれるなど様々なプレッシャーを抱えて勉強する子供も多いと思います。
遊びたい盛りの年齢であるのに、勉強勉強と押さえつけてしまっては、お子さんにとって大変なストレスになってしまいます。

ただレールを敷くだけでなく、お子さんの状態を気遣った受験生活を考えてみると、中学受験に対するストレスも軽減させることができるでしょう。
そのためには、親御さんがお子さんに対してどのような気持ちで接するかが重要です。